大阪でビジネスコーチングとスキルアップ研修をしています。 カウンセリングもコーチングも構えなくてもいいんですよ~。 あなたの身近にあるものなのです。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
ご無沙汰しております。

皆様お元気でいらっしゃいますか?

さて、4月22日(火) 18:30~、
メンターjam様にてコーチングセミナーをさせて頂きました。

テーマは、
「ビジネスコミュニケーションを磨く!質問とフィードバックの実践」です。

フィードバックとは、
「相手から伝わってくるものを、相手に返す」プロセスです。

普段、私たちが会話のなかで行っている、相づち(「へぇ~」とか「え!知らなかった!」)は
フィードバックの1つでしょう。

質の高いコミュニケーションを行うには、普段なんとなく行っていることを
もう少し意識をして、使い分ける(そのうちに、自然とできるようになる)ことがポイントです。

相づちであれば、例えば「へぇ~」を同じ調子で言うよりかは、
トーンを変えたり、表情を変えたり、してみましょう。

ほんの少し意識をするだけです。

そして、相づちのバリエーションを多く持つこと。

そうすることで、相手は「話を聞いてもらえている」と実感し、
どんどん話をしたくなり、信頼関係を築き上げていくことができます。

あまり難しく考えず、

とにかく、相手の話に興味を持つこと。

それが、一番の実践ポイントだと思います。

記事編集
4月30日まで、電話にて(フリーダイヤル)

 「勤労者心の電話相談」 が開設されます。

電話番号は0120-496-556。受付時間は午後2時から8時まで。

職場で定期人事異動がある年度末から年度初めにかけては、
勤労者から職場の人間関係に関する悩みや相談多く寄せられるそうです。

一人で悩まず、このような機関を活用されるのもひとつの解決策かもしれません。

↓詳細URL(独立行政法人労働者健康福祉機構)↓
http://www.rofuku.go.jp/oshirase/topics_kokorotel_freedial.html


記事編集
大阪は、ここ数日暖かい日が続き、春はすぐそこだと実感している今日このごろ。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、コーチングについてお話します。

わたくしのマンツーマンコーチングのクライアントには、学生さんもいらっしゃいます。

今年、数名が高校・大学受験でした。

彼らから、
「合格しました、応援ありがとうございました」「今日、卒業式でした」と
メールで連絡を頂いたときは、本当にうれしく、そしてほっとしました。

多感な時期をコーチング(時にカウンセリング)させていただいたことは、
私にとっても大変貴重な経験です。

粘り強くサポートすることの大切さ、
相手を信頼しきる、可能性を信じることの大切さ、
一緒に喜ぶこと etc・・

これは学生さんだけの話ではなく、大人(ビジネス)も同じなだと思います。

サポーターがいることで、
相手の不安を取り除いたり、モチベーションを維持することができ、
素晴らしい結果を導きだせるのだと、改めて感じました。

記事編集
(社)日本経済団体連合会の発表

○採用選考時に重視する要素の第1位は5年連続で「コミュニケーション能力」

企業が採用選考時に重視する要素は、
5年連続して「コミュニケーション能力」が79.5%(前年度81.7%)で第1位となった。

第2位の「協調性」が53.0%(同53.0%)、
第3位の「主体性」が51.6%(同49.6%)、
第4位の「チャレンジ精神」が49.4%(同53.7%)、
第5位の「誠実性」が42.4%(同36.1%)と続いている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新卒採用でも、途中採用でも、やはり「コミュニケーション力」が重視されます。

ただ、コミュニケーション力が高い人でも、
企業に入ったあと、それを維持できている人は、どのぐらいいるのかなあと
思うこともあります。

メンタルヘルス不全の要因アンケートをとると
「職場のコミュニケーション不足」という答えもあります。

コミュニケーション力が高い方でも、
コミュニケーションは一人では成立しないですし、
能力を維持し続けることは、もしかしたら大変なこと
なのかもしれません。


記事編集
就職活動中の大学3年生と大学院1年生を調査対象にした
「就職先人気企業ランキング」の結果が発表されました。

文系では男子で三菱商事、女子で東京海上日動火災保険がトップに立つなど、
総合商社や金融の人気が高くなっています。

理系では男子の人気が電機に集中し(1位は日立製作所)、
女子は化学・化粧品、食品、電機に分散(1位は資生堂)。

詳しくはこちらを参照ください。


また、
「大卒者の就職内定率、81.6%に上昇」(12月1日現在)

 厚生労働省と文部科学省は16日、2007年度大学等卒業予定者の就職内定
 状況調査(07年12月1日現在)の結果を発表した。大学の就職内定率は
 81.6%で、前年同期と比べ2.0ポイント上昇。男子は81.8%(前年同期比
 0.9ポイント上昇)、女子は81.4%(同3.2ポイント上昇)となっています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。