大阪でビジネスコーチングとスキルアップ研修をしています。 カウンセリングもコーチングも構えなくてもいいんですよ~。 あなたの身近にあるものなのです。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
厚生労働省が、2006年度の能力開発基本調査の結果を発表しました。
(7/19)

事業所の80.6%が「人材育成に問題がある」と回答。
その内訳を見ると以下の通りです。

・「指導する人材が不足している」59.1%
・「人材育成を行う時間がない」 55.7%
・「鍛えがいのある人材が集まらない」36.3%
・「人材を育成しても辞めてしまう」 35.6%

また、「忙しくて自己啓発の時間がない」など多くの労働者が自己啓発に問題意識を持っています。

自己啓発における問題として、正社員、非正社員ともに
「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」が最も多く、
次いで「費用がかかりすぎる」、「セミナー等の情報が得にくい」と
なっています。

企業側も働く人も、問題意識を持っておられることが、数値で確認できる記事でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。