大阪でビジネスコーチングとスキルアップ研修をしています。 カウンセリングもコーチングも構えなくてもいいんですよ~。 あなたの身近にあるものなのです。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
ご無沙汰しております。

皆様お元気でいらっしゃいますか?

さて、4月22日(火) 18:30~、
メンターjam様にてコーチングセミナーをさせて頂きました。

テーマは、
「ビジネスコミュニケーションを磨く!質問とフィードバックの実践」です。

フィードバックとは、
「相手から伝わってくるものを、相手に返す」プロセスです。

普段、私たちが会話のなかで行っている、相づち(「へぇ~」とか「え!知らなかった!」)は
フィードバックの1つでしょう。

質の高いコミュニケーションを行うには、普段なんとなく行っていることを
もう少し意識をして、使い分ける(そのうちに、自然とできるようになる)ことがポイントです。

相づちであれば、例えば「へぇ~」を同じ調子で言うよりかは、
トーンを変えたり、表情を変えたり、してみましょう。

ほんの少し意識をするだけです。

そして、相づちのバリエーションを多く持つこと。

そうすることで、相手は「話を聞いてもらえている」と実感し、
どんどん話をしたくなり、信頼関係を築き上げていくことができます。

あまり難しく考えず、

とにかく、相手の話に興味を持つこと。

それが、一番の実践ポイントだと思います。

スポンサーサイト
記事編集
大阪は、ここ数日暖かい日が続き、春はすぐそこだと実感している今日このごろ。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、コーチングについてお話します。

わたくしのマンツーマンコーチングのクライアントには、学生さんもいらっしゃいます。

今年、数名が高校・大学受験でした。

彼らから、
「合格しました、応援ありがとうございました」「今日、卒業式でした」と
メールで連絡を頂いたときは、本当にうれしく、そしてほっとしました。

多感な時期をコーチング(時にカウンセリング)させていただいたことは、
私にとっても大変貴重な経験です。

粘り強くサポートすることの大切さ、
相手を信頼しきる、可能性を信じることの大切さ、
一緒に喜ぶこと etc・・

これは学生さんだけの話ではなく、大人(ビジネス)も同じなだと思います。

サポーターがいることで、
相手の不安を取り除いたり、モチベーションを維持することができ、
素晴らしい結果を導きだせるのだと、改めて感じました。

記事編集
コーチング講座



本日も、メンターjam様主催で、コーチング講座を無事に終了することができました。

約20名の方々に参加いただき、今回は「質問術」について
ワークをさせて頂きました。

社労士さん、税理士さん、弁護士さん、経営者の方々だけあって、
さすがに、ワークのテーマもプロらしく、そして質問も高度!

私のほうが勉強させていただいた気がします。

いつも思いますが、暖かくお話を聞いていただき、
積極的に発言してくださることに、大変感謝しております。

懇親会でも、いろんなお話を聞かせていただき、
刺激をいただきました。

是非また、皆様とお話できる機会があればうれしいなあ。

ありがとうございました!



記事編集
ありがとうございます!

「実践 ビジネスコーチング入門講座」が
無事に終了いたしました。

経営者や管理職の方々約20名様にご参加いただき、
活気ある時間になりました。

内容ですが、コーチングの概要、具体的スキル、
コーチングフローとロールプレイ。

通常、2日ぐらいに分けてお話をする内容を
一気に90分でお話してきました。
聞いている方は、大変だったのではないかと・・。

実は、お得な講座だったんですよ♪

私も汗だくです(笑)。

皆さん、さすが経営者さんですから、
少しお話をしただけで、コツをつかみ、そして
ロールプレイも難なくこなされます。

すごいな~と私が感心しておりました。

どうやら、「傾聴」に課題があるようでして、
みなさん口々に「これから、傾聴やります!」と
力強くおっしゃってくださいました。

聴く事は本当に大切で、入り口でもあります。

ぜひぜひ、マスターしていただき、お客様や部下の方の
心をつかんでいただきたいと思います。

とにかく、楽しかった!
また、お話したいなあ・・。

【参加者様のお声はこちら・・】
書記長様
いい相続.com様

記事編集
コーチングを学んでから、

いろんなことがあっても、思考を切り替えることが

できるようになりました。

昔は、ごちゃごちゃと考え込んだり、

マイナス要素が頭をよぎることが多かったのですが、

今は、落ち込んだとしても、

「今、何ができるか?」という思考にスイッチできるように

なりました。

行動に焦点をあてる。

これがポイントのような気がします。

人も過去も変えられません。

であれば、今から自分がなにを選択し、行動するか。

それは、行動面だけではなく、感情の選択も含みます。

今、何をすれば、このギャップが埋まるだろう。

今、何をすれば、解決できるんだろう。

この問いかけを自分にすることで、

おかげで、感情に振り回される時間が、

随分と減りました。

それは、私にとって、とてもうれしい変化となっています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。